プロフィール

西 慎嗣 プロフィール

西 慎嗣 プロフィール

写真1

1960年11月19日 長崎県飛島に生れる。幼少よりピアノを学び、クラシックに親しむ。

10歳でTHE BEATLESの影響を受けバンドを結成。

1976年16歳の時、スカウトされ、単身上京。ギタリストとしてプロ活動を始める。
この時期、Char氏と出会う。

1978年、渡米。

帰国後の1979年、伝説のグループとなった”スペクトラム”を新田一郎氏らと結成。日本のポップス&ロック界に一代センセーションを巻き起こす。グループ活動と共に、初のソロ・アルバム『Nishi』を桑田佳祐氏のプロデュースで発表。この頃、海外のミュージシャン(Michael Brecker、Stevie Wonder・・・等)とセッションを行う。

1981年9月、スペクトラム解散。その後、嶋田良隆らとラディックスを結成。
1983年に発売されたアン・ルイスのロンドンでのアルバムレコーディングでアレンジ、ギターを弾き全曲プロデュースしている。この時、Jeff Beck、Simon Kirke(Free、Bad Company)、Scott Gorham(Thin Lizzy)、Jim Copley(Char, Simple mind)等とレコーディング・セッションを行う。帰国後、矢沢永吉氏、アン・ルイス、杏里、、、等のツアーに参加したり、他のアーティストのアルバムのプロデュースを務める。

1980年代中盤からはChar氏との交流も深まり、当時の江戸屋レーベルの作品に幾度か参加する。

1993年には、”MIX NUTS”を結成。これまでの西慎嗣とはまたひと味違う個性とサウンドでファンの注目を集める。

1995年以降はMIX NUTSと並行してソロ活動も再開する。
1995年、ジョニー吉長氏のバンドに参加。
1995年、日本テレビ「ロック鳴館」にジョニー吉長氏らと参加。
1996年、歴史的イベント、LIGHTNING BULUS FESに参加。
1996年、Char氏の20周年記念武道館ライブに参加。
1999年、GAME TRIBUTE祭に、Char氏、BEGIN、ゴンチチ、斎藤和義とともに参加。
1999年、2000年、Cher氏,小島良喜らと徳島、佐賀でアコースティックライブを行う。

2000年、ジャマイカのリディム・ツイン、Sly&Robbieのジャパンツアーにギターで参加、
後ジャマイカに渡り、レゲエ界の重鎮Beres Hammondのアルバム、Annette BrissettのアルバムにSly&Robbieと共に参加。

制作の場を徳島に移し活動中、地元のミュージシャン等との交流も深め、プロデュースも行う。
2001年、Char氏とのユニット「くず」で、徳島だけ一度きりのライブを行う。
2002年、自身の制作に行き詰まりを感じ、本来の自分を取り戻すべく第2の生まれ故郷、佐賀県伊万里市の自然の中で創作活動に入る。
2003年10月2日さいたまアリーナで行なわれた「John Lennon・スーパーライブ」のトリビュートバンドのギターを担当、17アーティストのバックを務める。
2004年春、西 慎嗣・ギターで参加の「There for You(Beres Hammond/Sly&Robbie)」がラジオのレゲエ・チャートで、マイアミ1位、ニューヨーク2位、ロンドン3位になり、日本のレゲエシーンでも話題を呼ぶ。
2004年、武道館で行われた「John Lennon・スーパーライブ」トリビュート・バンドのギターを担当。
2004年、期待のフォークユニット、「キッサコ」のプロデュースを始める。

かねてより親交のあるSly&Robbieとの共同プロデュースにより“Love Sound”(西・Yammyオリジナル)「歌:Beres Hammond feat.Alaine」をレコーディングする。また、同曲"Love Sound"日本語ヴァージョンと英語オリジナルヴァージョン〈両トラックともフィーチャリングYammy〉を、フォーライフミュージックエンターテインメント社より2005年6月、また、「Beres Hammond feat.Alaine」ヴァージョンもSly&Robbie名義アルバムのリード・トラックとなり、ビクターエンタテインメント社より、同日に発売。
写真2 2006年9月にアメリカ・ヨーロッパ等で発売(日本では輸入盤)され、西慎嗣も参加した「スライ&ロビー」のアルバム「Rhythm Doubles」が「第49回グラミー」、「ベスト・レゲエ・アルバム」にノミネート。

2007年6月、西慎嗣も参加した「Passenger 7」のアルバム「1st Generation」 (PCCY-01835)、7月に「スライ&ロビー」の「GREETS LED ZEPPELIN」(VICP-63859)、9月に「スライ&ロビー」の「レゲエ・カヴァーズ・プラチナム・2007」(PCCY-01847)、11 月には「MITCH」の「Original Yard Man」(PCCY-01858)、同日に「スライ&ロビー」の「TAXI CHRISTMAS」(POCS-1018)が日本でも発売された。11月7日には、西慎嗣プロデュース「キッサコ」のメジャー1stシングル「拝啓 君へ」(YCCW-30017)が発売された。

2008年、池上ケイ、熊谷尚武、キッサコ、などのプロデュースの傍ら、自らのアルバム制作に入る。8月ビクターエンタテインメントより、カバーアルバム Back To The Roots 発売。この アルバムには山崎まさよし、根元要(スターダストレビュー)スライ&ロビーなどが参加している。なおこのアルバム「スライ&ロビー」の「TAXI レーベル」にて世界発売される。

2009年、プロデュース活動の傍ら、自らのライブ活動を再開する。この頃より、親交の深かった山崎まさよし氏とのライブも始める。

2010年、活動の拠点を徳島に移し、自社レーベルGOGOレコードにて徳島在住のアーティスト、KING&YUNG、SALA、55 SOUTHなどのプロデュースの傍ら、自らのアルバム制作に入る。この年より毎年宮古島で行われている、「美ぎ島(かぎすま)ミュージックコンベンションin宮古島」に参加する。10月、山崎まさよし氏と地元阿南にて、「やっぱエコはアナンからでSHOW」を開催する。このライブは これより毎年恒例ライブとして行われている。

2011年、ライブ活動、自社レーベルにて徳島在住のアーティストなどのプロデュースの傍ら、水木一郎氏の40周年記念アルバムのサウンドプロデュースを手掛ける。(2011年 8月24日発売ベ ルウッドレコード)

2012年、ライブ活動、アーティストプロデュースなどを積極的に行いながら、「美ぎ島(かぎすま)ミュージックコンベンションin宮古島」、「やっぱエコはアナンからでSHOW」など参加や企画しながら、自らのアル バムを製作中である。

このページのトップへ